ワルサーP38

14011602
ワルサーP38はドイツのカール・ワルサー社が開発した軍用の自動拳銃です。1934年に開発が始まり、1937年に開発が完了し「ワルサーHP」という名称で完成しています。
それが翌年の1938年にドイツ陸軍に制式採用されるにあたりP38の名称となったものです。これをマルゼンがエアソフトガンとして再現したモデルになります。

人気となった要因

現在でもこのワルサーP38は根強い人気となっています。その要因となったのが戦後におけるカラーテレビの普及が挙げられます。カラーテレビとワルサーP38がどう結びつくのかというと、当時子供たちの間で人気となっていたのがスパイアクションもののドラマや映画です。そこに登場するスパイの主人公が使用していた拳銃がワルサーP38なのです。

もちろん主人公にも人気があれば、その主人公が使用するワルサーP38にも人気がでるということです。もちろんその後も人気のアニメなどでも主人公がこのワルサーP38を使用していたりしたため幅広い年代に人気のある拳銃となっています。近年はその後継機種も多く出ており、あまり見かけなくなっていますが、そういった理由からいまだに人気となっているのです。

いくつかのバリエーションと特徴

マルゼン製のワルサーP38は標準モデルとしてブラックがあり、また、メッキ処理を施したシルバーモデルがあります。

さらには独自の処理によってブラックメタルモデルと言われるものもあり、標準的なものとして3種類のバリエーションが存在します。実際は当時ステンレス鋼が効果であったことなどから、シルバーモデルは生産されていませんが、ステンレスモデルが試作された可能性もあることからバリエーションとして生産されています。

特殊なP38

マルゼンのP38には特殊なモデルもあります。P38デタッチャブルと呼ばれるモデルで、様々なオプションパーツが販売されています。それらをとりつけることで、少し違った、また、大きく異なるワルサーP38にすることが可能になっています。まずはショートバレルですね。これを取り付ければショートバレルのP38の完成となります。

l_198-復元逆にエクステンションバレルセットを取り付けることでかなりのロングバレルとすることができますし、グリップ後部に取り付けるカービンストック、さらにはロングマガジンと取り付ければさながら長物のような様相となります。現在はまだ企画中となっていますが、スコープやスコープマウントといったパーツも発売されそうです。

現在でもまだ進化を続けているワルサーP38ですが、こういった開発が行われている限り、これからもこの人気の衰えは無さそうですね。