no

電動ハンドガン-M9A1


M92Fの海兵隊仕様
アメリカ軍に制式採用されることによって人気となったイタリアのベレッタ社の92Fシリーズですが、中でもアンダーレイルを装備したモデルがいよいよ東京マルイから発売されました。

92Fはアメリカ軍ではM9と呼ばれ、そのカスタマイズモデルであるため、M9A1となります。以前から発売されているM92Fの後継ではありますが、位置づけとしてはバリエーションモデルということになります。

このモデルも実銃より採寸を行いリアルに再現されています。以前より要望の高かった可変ポップアップがついに92Fシリーズに登場ということになります。

M9A1の特徴

やはり見た目にもわかる大きな違いとしてはアンダーレイルの装備ですね。現代の室内戦闘では必須とも言えるフラッシュライトの装備が可能となっています。

また、内部構造の変更によってスライド際のノズルの移動距離も増えたため、スライドオープン時のフォルムがより実物に近くなっています。

セフティレバーの動作もM92Fとは異なっており、デコッキングの機能が搭載されています。これによりハンマーを起こした状態であってもセフティをかけることによって、ハンマーを安全に元の位置に戻すことができるようになりました。

また、細かな点ですが、グリップの前後にはチェッカリングと呼ばれる模様が施されており、グリップを握った際のすべり止めの効果が大きくなっています。
リアサイトにおけるドットもホワイトドットに変更されています。

様々な箇所がリファインされより実銃の再現度が高くなっているM9A1ですが、その重量も実銃と同じになるように調整されています。実際にM92FとM9A1を握って比べてみるとわかりますが、M9A1がずっしりと手ごたえがあります。これはグリップ部分とフロントのバレルの周囲にウェイトを搭載したことによるものです。

オプションとバリエーション

M9A1の発売から1年ちょっと経ったところで、ステンレスモデルが発売されています。M92Fのものは硬質クロームメッキでしたが、M9A1のステンレスモデルでは硬質マットクロームメッキが採用されており、スライドやフレーム、各部パーツでツヤを抑えたカラーリングとなっています。
そのため金属のような冷たい質感となっています。

オプションパーツとしてはやはりアンダーレイルのおかげでフラッシュライトなどの様々なものが衣装可能となります。またマガジンはM92Fと同じとなっているためそのまま流用が可能となっているため、M92Fの所有者であればそのままスペアマガジンとして使用できます。

特集コンテンツ

  • サバゲー入門
    誰でも最初は初心者だ!そのために作成したのが、このサバイバルゲーム入門です。

  • 銃刀法による規制
    銃刀法による規制、青少年健全育成条例による規制、そして業界による自主規制。

  • 世界の特殊部隊
    世界のかっこいい特殊部隊を紹介します。特殊部隊の装備も必見。

私の大好きなミリタリー雑誌