次世代電動ガン-CQB-R


15ba27e047f597d4a50cc1c025bbb600
アメリカ海軍特殊部隊SEALsでは、要人警護や室内での作戦が多くなってきたため、現行のアサルトライフルであるM4A1カービンよりも取り回しの良いものが必要となります。

そこで新たに開発されたものがM4A1をショート化したCQB-Rです。このCQB-Rを東京マルイが再現したものがこの次世代電動ガンとなります。カラーもブラックだけでなく最近人気のフラット・ダークアースカラーも用意されています。ですが、全体ではなく、グリップやフォアグリップ、またストックといった一部のパーツのみのカラーとなっています。

CQBはCloseQuartersBattleの頭文字を採ったもので、近接戦闘といった意味合いとなります。ですからバレルを短くし取り回しを浴したものがCQBやCQCなどと呼ばれます。

実際に室内でのサバイバルゲーム等を行なってみれば、銃身の長いものと短いものではその違いがはっきりと表れることになります。

CQB-Rの特長的なストック

ストックはヴォルターEMODストックと呼ばれるものがついており、後部のカバーを外してバッテリーを入れるようになっています。

このバッテリーが専用の接続端子となっており、コネクタ同士を繋ぐ必要がなく、入れるだけで接続が可能になります。そのためバッテリーの交換はかなり容易なものとなっています。

これは次世代電動ガンの第一弾であるSOPMOD-M4と同様ですね。但し、専用のバッテリーが必要ということになります。

但し、このCQB-Rはそのままではスリング(銃を体につるすストラップのようなもの)を取り付けることができません。そのため別売のオプションなどを使用してスリングを取り付けられるようにしておいたほうが良いでしょう。ショート化されたといったもかなりの重量がありますから、ずっと手持ちでは結構疲れます。

高い拡張性

この次世代電動ガンであるCQB-RはベースがM4A1カービンですから、その拡張性の高さも大きな特徴となります。さらにフロント周りがレールシステムとなっていますから、より多くの装備が可能となります。これにより様々な装備が取り付け可能になります。

フロント周りですからレーザーサイト(レーザーを使用した照準装置)やライト、またフォアグリップといったところですね。フォアグリップは標準でショートタイプのものが付属しています。

但し、折角の取り回しの良さを損なわないようなオプション装備を考えたほうが良いかもしれませんね。あまりごちゃごちゃと付け過ぎるのも折角の利点を殺してしまいかねません。

もちろんこういった様々な装備を取り付けることも楽しみかたの一つではあるのですが。

特集コンテンツ

  • サバゲー入門
    誰でも最初は初心者だ!そのために作成したのが、このサバイバルゲーム入門です。

  • 銃刀法による規制
    銃刀法による規制、青少年健全育成条例による規制、そして業界による自主規制。

  • 世界の特殊部隊
    世界のかっこいい特殊部隊を紹介します。特殊部隊の装備も必見。

私の大好きなミリタリー雑誌