no

ガスブローバック-M92Fミリタリーモデル


根強い人気のM92F
東京マルイでデザートイーグルに次いで発売されたガスブローバックガンがM92Fミリタリーモデルとなります。

このM92Fは様々なバリエーションモデルが作成され販売されています。
多くの場合はゲームや映画で登場するキャラクターの使用する92Fをカスタマイズしたモデルを再現したものとなります。

実銃である92Fはイタリアのピエトロ・ベレッタ社の設計・製造によるもので、実銃でも92S、92SBといった様々なバリエーションモデルがあります。中でも最も一般的なモデルが92FSとなっており、この92FSが92Fと呼ばれることが多くなっています。

この92Fが人気となっている理由としては、世界中の軍や警察で採用されているといった点でしょう。

そのため海外の映画やドラマなどでもよく登場するため認知度は高いものとなっています。
また、現在のアメリカ軍では以前のコルトガバメントから変わってこの92Fが制式採用となっています。米軍ではM9といったモデル名で呼ばれています。

特徴的な機能

このM92Fは実銃から採寸することによりその美しいフォルムを見事に再現しています。

実銃と同様にシングルアクション、ダブルアクションの双方の発射方式を楽しめるようになっています。
アンビタイプのセフティを装備しており、左右どちらからでもハンマーを起こした状態でロックが可能となっています。マガジンキャッチも左右の入れ替えが可能となっており、利き手が左右のどちらでも問題なく操作可能となっています。

マガジンは標準のもので26発の装弾が可能となっています。オプションとしては32発の装弾が可能なロングマガジンが別売されています。

但し、エアソフトガンとしての設計が古いものとなるため、現在では主流となっている可変式のホップアップが採用されておらず、固定式のホップアップとなっており、BB弾に合せたホップの調整が容易に行えるものではないため、BB弾を選ぶ必要があります。基本は0.20gのBB弾に合わせて調整されています。

様々なバリエーションモデル

このM92Fにも実銃と様々にさまざまなバリエーションモデルが展開されています。

まずはクロームステンレスモデルですね。実際にステンレスが使用されているわけではなく硬質クロームメッキとなっていますが、そのクールな外見は美しいです。

グリップはラバーコートされたものとなっています。

タクティカルマスターでは実戦的なシミュレーションももとにカスタマイズが行われており、細かな点がいといろと改良されています。
見た目にわかりやすい点は銃口を5mm短くしたショートバレルとフィンガーチャンネルグリップですね。日本人の平均的な手の大きさに合わせた設計となっているため、抜群のグリップ感が得られます。

特集コンテンツ

  • サバゲー入門
    誰でも最初は初心者だ!そのために作成したのが、このサバイバルゲーム入門です。

  • 銃刀法による規制
    銃刀法による規制、青少年健全育成条例による規制、そして業界による自主規制。

  • 世界の特殊部隊
    世界のかっこいい特殊部隊を紹介します。特殊部隊の装備も必見。

私の大好きなミリタリー雑誌