フィールド

サバイバルゲームの季節


0 コメント

そろそろ桜も満開も近くなり、日中はかなり温かくなってきました。と、いうことは屋外でのサバイバルゲームのシーズン到来ですね。

冬は寒いし、夏は暑すぎる。となると、やはり、春と秋がもっとも屋外戦で楽しめるのではないでしょうか。もちろん、冬場は着込めば何とかなりますが、やはり寒いですよね。

そろそろガスガンを使用できるかも

随分暖かくなってきたとはいえ、地域や場所によっては温度差は大きいです。沖縄などでは、すでに半袖でも大丈夫なほどですが、北海道や東北などではまだ、雪が降っていたりもします。

もうだいぶ落ち着いてきたようですが。朝晩はまだ、冷え込んだりしていますが、日中はかなり気温が上がってきています。そろそろガスガンの出番ではないでしょうか。

もうすぐ、東京マルイからもガスソースの長物が発売されることもあり、ハンドガンだけでなくアサルトライフルなどのガスガンも多く見かけるようになってきています。

プリンキングで試し打ち

サバイバルゲームの当日にガスガンを試射してもいいのですが、やはり事前に試射をしておきたいものです。と、なるとやはり屋外でのプリンキングといったところでしょうか。

これからは、どんどん暖かくなっていくので、事前に試射をしておいて、問題がなければまず大丈夫といえるでしょう。ゲームの当日がよほど冷え込んだりしなければ、ですが。電動ガンはシーズンに関係なく使えるのでまず、問題はないでしょう。

但し、電動ガンはバッテリーを使用しますから、バッテリーの調子を見ておくことも大切ですね。しばらく使用していなかったバッテリーは保管の状態によっては傷んでいることもあります。冬場もゲームに参加している方はまず問題ないと思いますが。

装備の確認をしよう

好きな人なら、年中様々なメンテナンスをしているでしょうから、抜かりはないと思いますが、冬場はシーズンオフで暖かくなったら始動といったかたもいらっしゃるでしょう。そういった場合、エアガンだけでなく様々な装備のチェック等も行っておく必要があります。

使用後にある程度のメンテナンスをしているでしょうが、やはりしばらく保管しておいたものは、また使用し始める前にメンテナンスしておけばトラブルも少なくなります。プラスティック製品などは、劣化することもありますし、様々なパーツのねじ等が緩んでいたりすることもあります。

特に要注意なのが、ガスガンのマガジンです。きちんと手入れをしていないと、ガスを入れた際にどこかからシューっとガスの抜ける音がすることも。場合によってはバルブの交換が必要になることもあります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

特集コンテンツ

  • サバゲー入門
    誰でも最初は初心者だ!そのために作成したのが、このサバイバルゲーム入門です。

  • 銃刀法による規制
    銃刀法による規制、青少年健全育成条例による規制、そして業界による自主規制。

  • 世界の特殊部隊
    世界のかっこいい特殊部隊を紹介します。特殊部隊の装備も必見。

私の大好きなミリタリー雑誌