HK416DとM9A1が大人気


20070721193846

サバイバルゲームではよく東京マルイ製のエアガンが使用されます。

その理由はいくつかありますが、やはりその耐久性が挙げられます。

同じエアガンでも他のメーカーとの違いとしてその銃のリアルさよりもサバイバルゲームでの使用を前提として作られているといった特徴があります。

また、他社と比べても若干価格が低めに設定されているといった点もあります。

では、実際にサバイバルゲーム等でよく使用されているエアガンをいくつか紹介してみましょう。

最近では最新のシリーズとして次世代電動ガンと呼ばれるものが販売されています。

特徴としてはリコイルショックがあげられます。少し専門的な言葉ですが、簡単に言えば弾を発射した時の反動のことです。この反動が従来のものより強くなっており、撃った感覚が楽しめるようになっています。

最新のものでは、HK416D、SOPMODM4といったあたりが人気となっています。実銃のHK416Dはアメリカのコルト社が開発したM4カービンをドイツのH&K社がベースに開発したものです。

東京マルイ製のものは電動ガンでセミオート(1発ずつ発射)とフルオート(引き金を引いている間は連続して発射)の切り替えができます。標準のマガジンでは82発のBB弾が装填可能となっています。マガジンはM4シリーズと共通となっているためM4シリーズのものが使用可能となります。

多弾倉であれば520発ものBB弾が装填できます。

本体の上部、またバレルの周囲に20mmレールが装備されているので様々なオプションを装備することができるようになっています。

またSOPMODM4もHK416D同様にM4カービンがベースとなりますが、こちらの場合はそのM4カービンをそのまま改良したものとなります。

こちらの場合もバレル周辺や本体上部に20mmレールがついているので様々なオプションを使用することができます。

多弾倉では430発のものが用意されていますが、HK416Dのものを使用すれば520発まで使用可能となります。

ハンドガンではM9A1が新しく、人気となっています。

ガスブローバックのもので通常カラーのものに加えステンレスモデルも発売されています。

特徴としては以前に発売されていたM92のアップデート版といった位置づけでしょうか。

フロント下部にレールがついており、そこにフラッシュライト等のオプションを装備することが可能になっています。

また、以前のM92では固定ホップアップでしたが、M9A1となってからは可変ホップアップが搭載されており、弾道の調整が可能となっています。

本体の重量が実銃と同じとなっており、持ってみるとずっしりと重量感を感じます。

うれしい点としてはM92とマガジンが共通となっており、M92のユーザーが買い足したとした場合、以前のマガジンをスペアとして利用できるといった点ですね。


特集コンテンツ

  • サバゲー入門
    誰でも最初は初心者だ!そのために作成したのが、このサバイバルゲーム入門です。

  • 銃刀法による規制
    銃刀法による規制、青少年健全育成条例による規制、そして業界による自主規制。

  • 世界の特殊部隊
    世界のかっこいい特殊部隊を紹介します。特殊部隊の装備も必見。

私の大好きなミリタリー雑誌