ウエスタンアームズ

ウエスタンアームズ(WesternArms)は正式名称を株式会社ウエスタンアームズといいます。
本社は東京都渋谷区にあり、現在は主にエアソフトガンを製造・販売するメーカーとなっています。元々はモデルガンのメーカーである六研の製品を量産するために1976年に設立会社でしたが、現在では独自の製品の製造・販売を行っています。

このウエスタンアームズの名称の由来は、西部劇(WesternMovie)に登場する銃器(Arms)を製品化すると言う目標から来ています。またトレードマークとなっている意匠は「WA」の文字を鎧兜型にデザインしたものとなっており、その創立のきっかけとなった六研の代表でもあった六人部登氏によるデザインとなっています。

会社の創立から歴史

会社の創立は1976年で、トイガンデザイナーである六人部登が設立した遊戯銃の設計・製造を行っていた会社である六研の製品の量産を行っています。
モデルガンが全盛期の頃には六研だけでなく、MGC(かつて存在した埼玉県の問ガンメーカー)とも関係を持ちながら独自の製品も展開しています。ちなみにモデルガンという言葉は造語で、MGCの創設者によるものとなっています。

そのころからモデルガンだけでなく、発射機能を備えたガスガンの開発も行っており、またそのガスガンの流行にも伴って主軸をガスガンに移行しています。その後、ウェスタンアームズにとって大きな転機となったのが、ブローバックガスガンの開発となっています。これは、オートマチックピストルのスライド動作を再現したもので、1994年に発売された第一弾のベレッタM92FSが大ヒットとなっています。そのブローバックの仕組みはマグナブローバック(公募によるもの)と命名され、評価も高く、国内だけでなく海外でも高い評価を得る結果となっています。また、国内のメーカーでも数社がこの仕組みを採用して製品化しています。

2003年にはハンマーシステムやホップアップシステムを変更した新しいシリーズである「SCWVer.1」の登場や2006年には生産を海外で行い、材質もABSとしたコストダウンバージョンである「マグナテック」も新たにラインアップに加わっています。

2008年には大型の商品であるアサルトライフルの「M4CQB-R」が発売されるなど、対象となった銃の魅力もあり、国内だけでなく海外でも大ヒットとなっています。

主力製品と特徴

ウエスタンアームズでの主力製品はやはり、トイガン市場において歴史的事件となったマグナブローバックを採用したブローバックガスガンということになります。
また、イタリアのピエトロ・ベレッタ社との商標は独占使用権を有していることなどから、ベレッタ社の92シリーズなどが定番と言えるでしょう。

特にその始まりとなったM92FSは創立40周年記念モデルが発売されるほどとなっています。
特徴としては近距離(5m程度)の射撃の命中精度はおおむね良好ではあるが、長距離となるとばらつきが多くなるといった点が挙げられますから、やはりそのブローバックがウエスタンアームズの一番の特徴であると言えるでしょう。

会社概要

名称 株式会社ウエスタン・アームズ
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-8-5 グローリア宮益坂ビル
URL http://www.wa-gunnet.co.jp//