チーム6

ネイビーシールズ:チーム6


『ネイビーシールズ:チーム6 』

公式サイト:http://teamsix.gaga.ne.jp/

チーム6

9.11以来、アメリカの最大の懸案は、9.11の首謀者とされた国際テロ組織アルカイダのリーダー、オサマ・ビンラディンの捕獲であった。

そして、大規模な捜索の末、9.11からおよそ9年8か月後、アメリカはついにビンラディンの潜伏先を特定し、国の威信をかけた一大作戦を決行することとなる。

結果的にビンラディンを殺害するに至ったその作戦名は、<ジェロニモ作戦>

そう、この『ネイビーシールズ:チーム6』は、<ジェロニモ作戦>の真実を描いた、衝撃の実話なのである!

ちなみにチーム6とは、この<ジェロニモ作戦>を見事に成功させた、対テロリスト特殊部隊「DEVGRU(デブグルー)」のこと。「DEVGRU」は、ネイビーシールズの精鋭たちによって構成されており、特殊任務のみを担当するエリート集団なのだ。

本作の特徴としては、チーム6のみをフィーチャーするのではなく、<ジェロニモ作戦>の全体像を描き出していることが挙げられる。

もちろん、チーム6の活躍も描かれるのだが、ビンラディンの潜伏先を特定するに至る経緯や、それに関わった人々(CIAなど)についても取り上げられている。

チーム6

本作は、戦場を舞台にしたストレートな戦争アクション映画ではない

錯綜する情報や政治的な状況の中で、徐々にビンラディンへと迫っていく過程を描くことにも力がそそがれており、その過程はある意味、スリリングですらある。そういった観点から言えば、スリラー的な要素が含まれている映画といってもいいだろう。

チーム6

気になるアクションシーンに関しては、さほど大規模な戦闘は描かれないものの、地に足の付いた描き方には好感が持てる。おそらくは、<ジェロニモ作戦>の全貌を描く映画ということで、派手な演出というよりは、ドキュメンタリー的な方向性を意識したということだろう。

その一方で、戦争アクション映画のお楽しみのひとつである装備類に関しては、ややマニアには物足りない内容となっている。

もちろん、一般の映画ファンにとっては十分に許容範囲なのだが、コアなミリタリーマニアをうならせるほどのレベルではない。

なので、一般的なサバゲー好きなら普通に楽しめると思うのだが、サバゲーにコスプレ的な関心を持っていて、そのための参考にと考えていたり、まさに「DEVGRU」そのものといったものを期待しているのであれば、少しばかり微妙かも知れない。

チーム6

結論としては、バリバリの戦争アクション映画や、ガチなミリタリー物を期待すると、やや辛い面はあるものの、CIAの動向や政治的な配慮なども含めた<ジェロニモ作戦>の全貌を知るという意味では悪くない映画といえる。

世紀の大作戦へと至るスリリングな緊迫感を味わいたい人向けの映画といえるだろう。

「ネイビーシールズ:チーム6」データ

スタッフ
監督 ジョン・ストックウェル
キャスト カム・ジガンデイアンソン・マウント

フレディ・ロドリゲス

アルビン・“イグジビット”・ジョイナー

キャスリーン・ロバートソン

製作 ニコラス・シャルティエゼブ・フォアマン

トニー・マーク

製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ

特集コンテンツ

  • サバゲー入門
    誰でも最初は初心者だ!そのために作成したのが、このサバイバルゲーム入門です。

  • 銃刀法による規制
    銃刀法による規制、青少年健全育成条例による規制、そして業界による自主規制。

  • 世界の特殊部隊
    世界のかっこいい特殊部隊を紹介します。特殊部隊の装備も必見。

私の大好きなミリタリー雑誌