サバイバルゲームをしよう

サバイバルゲームをしよう


サバイバルゲームをしよう
最近少しブームになっているサバイバルゲームですが、そのゲームの方法、遊び方にはいくつかの種類があります。

基本的には体や装備また銃に弾が当たった場合、速やかに「ヒット」といったように撃たれたことを宣言し、安全に注意しながらフィールドの外のセーフティと呼ばれる場所に移動します。

この際、相手からだけでなく、味方の弾が当たった場合も同様です。また、跳弾(壁や天井、地面などに当たって反射した弾)も同様となります。

多くの場合、これを基本としていろいろな種類に分かれます。

サバイバルゲームの主な種類

殲滅戦

もちろん殲滅ですから相手を殲滅すれば勝ちとなります。

その遊び方ですが、まずはチームにわかれます。一般には2チームですが、3チーム、4チームで行うこともあります。

その別れたチームごとにそれぞれのスタート地点に集まり、スタートの合図で始まりとなります。

基本的には相手チームを全滅させれば良いのですが、時間切れ(ゲームごとに制限時間があります)となった場合、残っている人数の多さで勝敗を決めます。

フラッグ戦

これはチームに分かれるのは殲滅戦と同じですが、双方にフラッグと呼ばれる目印を設置し、それに触れるかもしくは自軍の陣地に持ち帰れば勝ちとなるゲームです。

それ以外の部分では殲滅戦とそれほど違いはないので、フラッグに触れたり持ち帰ったりせずとも、単純に相手を殲滅することでも勝利となります。

ですが、戦略性も高くなっているのが殲滅戦との違いです。例えば、自軍が自分一人になったとしたら殲滅戦の場合、まず勝ち目はありません。

フラッグ戦の場合は難しくはなりますが、フラッグを奪取することで勝つことが可能になります。

また、制限時間内に殲滅、フラッグの奪取ができなかった場合は殲滅戦とは異なり、残りの人数に関係なく引き分けとなります。

殲滅戦を個人戦にしたバトルロワイアル

内容は殲滅戦と同じですが、チームがなく、個人戦となります。そのため、スタート地点も特に設定せず、個々にフィールド内に入って適当な位置に移動し一定時間が経過したところでスタートとなります。

自分以外は全員が敵となりますからかなりの緊張感を味わうことができるゲームとなります。

よくサバイバルゲームで行われるものはこういったところですが、実際は特に決められた遊び方といったものはありませんから、参加する人達、もしくは主催者によって様々なルールで色々な内容のゲームをすることも可能になります。

もちろんどういった内容のゲームであっても安全に留意することがサバイバルゲームを楽しむための基本となります。

ですから、きちんと決められたルールを守るといったことも当然のことですが、とても大切な事になります。

特集コンテンツ

  • サバゲー入門
    誰でも最初は初心者だ!そのために作成したのが、このサバイバルゲーム入門です。

  • 銃刀法による規制
    銃刀法による規制、青少年健全育成条例による規制、そして業界による自主規制。

  • 世界の特殊部隊
    世界のかっこいい特殊部隊を紹介します。特殊部隊の装備も必見。

私の大好きなミリタリー雑誌