次世代電動ガン-DEVGRUカスタム HK416D


次世代電動ガン-DEVGRUカスタム-HK416D
東京マルイから発売されているDEVGRUカスタム(HK416D)はその名称の通り、HK416Dをベースとしたカスタムガンとなります。基本がHK416Dになりますから、その性能は基本的にHK416Dと変わりません。

その違いとしてはまず、2WAYバレル(交換することによりバレルの長さを変更可能)がなくなった点ですね。これだけみると悪くなったように思えますが、その代わりにマズルオプションとしてサイレンサーが標準で装備されています。また、ストックの形状も違うものが装備されています。

加えてフロント、およびリアサイトが別の物になっています。

フォアグリップが標準装備されました。実際にゲームでの使用を考えた場合、嬉しい変更ですね。標準の状態で銃が構えやすくなります。

特長的なサイレンサー

このDEVGRUカスタムに装備されているサイレンサーは一般的な市販のものと異なっています。

通常は銃の先端の銃口部分にあたるフラッシュハイダーと呼ばれるパーツを取り外して、サイレンサーに付け替えます。ですがこの銃についているサイレンサー―はこのフラッシュハイダーを取り外すことなく、そのままその上から被せる形で装着が可能になっています。そのまま被せただけではすぐに外れてしまいますから、ボルトオンといった形になっています。

但し、DEVGRUカスタムは次世代電動ガンですから、いくらサイレンサーを取り付けても発射音よりは本体側のリコイルショックによる金属音が大きいためあまりサイレンサーとしての効果は見られないかもしれません。

もちろん実銃ではありませんから、その実銃に似せた雰囲気は十分に楽しむことができます。

DEVGRUとは

このHD416DのカスタムガンがDEVGRUカスタムと呼ばれる所以ですが、このエアソフトガンの実銃はアメリカ海軍の特殊部隊であるSEALsで使用されています。

その中はチームにわかれており、その中の対テロ特殊部隊であるチーム6が使用しています。そのチーム名がDEVGRUと言うわけです。ですからこのチームによってカスタマイズされたHD416Dが「DEVGRUカスタム」と呼ばれています。

この銃を元に東京マルイが次世代電動ガンを再現したのがこれということです。

様々なオプション機器が使用可能

HD416Dのカスタムですから、元になったHD416Dのオプション装備も当然使用できます。

またその元もコルト社のM4カービンですからM4シリーズのオプションも装備が可能となります。HD416Dと同様にフロント周りは20mmのレールになっていますから様々な装備を取り付けることができるため、拡張性がかなり高くなっています。

様々な装備を取り付け、自分好みにカスタマイズできるのもこういったエアガンの楽しみの一つとも言えますよね。

特集コンテンツ

  • サバゲー入門
    誰でも最初は初心者だ!そのために作成したのが、このサバイバルゲーム入門です。

  • 銃刀法による規制
    銃刀法による規制、青少年健全育成条例による規制、そして業界による自主規制。

  • 世界の特殊部隊
    世界のかっこいい特殊部隊を紹介します。特殊部隊の装備も必見。

私の大好きなミリタリー雑誌