次世代電動ガン

次世代電動ガン-AKS74N

AKS74Nはロシア空挺軍の採用したアサルトライフルでAK-47の後継機種であるAK-74をベースにしたものです。

見た目の大きな違いはスケルトンストックと呼ばれる大きな空間のある枠だけのストックですね。このストックのおかげでかなりの軽量化ができているようです。

空挺軍が使用しているため、パラトルーパー(パラシュートによる降下部隊)モデルとも呼ばれています。これを東京マルイが次世代電動ガンとして再現したものになります。

AKS74Nの特徴

やはり、次世代電動ガンですから、シュート&リコイルエンジンの搭載による射撃時の反動といったところが一番の特徴となります。また金属パーツを多く使用している点も次世代電動ガンならではの特徴となっています。

リコイル、つまり反動が大きい分、各パーツの強度が必要になりますから、スタンダード電動ガンの同じシリーズと比べると金属パーツが多くなっています。デメリットとしてその分重量が増加するといった点があります。

ですが、このAKS74Nは次世代電動ガンの中でも比較的軽いほうになります。

見ために目を引くのはやはりその特徴的なウッド調のハンドガードといったところでしょうか。

折畳み可能なストック

AKS74Nの特徴としてはやはりそのスチールプレスで作成されたストックと、それを本体側に折畳めるといった点になります。

これがAK-74との大きな違いで携行しやすくなっています。もちろん電動ガンでも同様にきちんと再現されています。現実の世界ではこのストックの空いた空間に応急キットなどを止血帯で巻き付けて運用しているようです。

サバイバルゲームでも装備に拘れば、そういった仕様にしてみるのも面白いかもしれませんね。実際にこういった装備をうまく利用すればチークピース(頬あて)の代わりに利用することも可能になります。

様々な装備

本体の側面にはサイドマウントベースを設置されています。これに別売のサイドロック・マウントレイルを使用することで20mmのマウントレイルに装着可能な様々な光学機器が使用可能となります。

もともとこういった拡張性のあまり高くない電動ガンですから、こういったオプションが純正品として用意されてため、装備の幅が広がり、実際のサバイバルゲームでもシチュエーションに応じた様々な装備を使用することができます。

オプションとして480連射のマガジンが用意されており、サバイバルゲーム等での使用を考えると必須かもしれませんね。標準装備のカラーに加えてブラックも発売されています。

これはAKS74Nだけでなく、同シリーズのAKS74Uでも共通で使用可能となっています。

-次世代電動ガン

Copyright© エアガン・サバゲー装備のKFB-and , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.