no

次世代電動ガン-M4A1カービン


このM4A1カービンは東京マルイの次世代電動ガンの第二弾として登場しています。第一弾がSOPMOD(M4A1の改良型)といった点を考えると、当然とも言えます。

M4A1カービンは実銃としても多く配備されていますし、エアソフトガンとしても人気のものとなっています。ある意味では入門用とも言えるかもしれません。それほど標準的なものと言えます。

SOCOM(全米軍の全特殊部隊を管轄する機関)で採用されている銃ですから、実銃としての性能は申し分ないということになります。ですから多くの米軍の部隊で採用されており、それらの装備を再現するのであれば外せない銃ということも言えますよね。

人気の理由としてはやはりその拡張性の高さと言えるでしょう。

拡張性について

このM4A1カービンは本体上部に取り付けられたキャリングハンドルは2本のねじで固定されていますから、これを取り外せば、20mmのレールが使用可能なものであれば様々な装備を取り付けることが可能となります。

光学機器等を取り付けるのであれば、標準のリアサイトも取り外しておけばよいでしょう。慣れてくれば、次へのステップアップとして、改造(といっても様々なパーツの取り付けなど)のベースにすることもできます。

そうすることによってその日の気分で様々な仕様にカスタマイズして楽しむことも可能になります。

また、初心者向けではありませんが、フロントのハンドガードを取り外し、レイルシステムを取り付けることでかなりの装備を取り付けられるようになります。ですが、この場合、バッテリーの収納場所を別途用意しなければならなくなってしまいます。

この点に注意が必要ですね。このM4シリーズでは多くのバリエーション製品が発売されているので、取り付け可能なパーツの多さもその魅力となります。

次世代電動ガンを楽しもう

第二弾とはなっていますが、このM4A1カービンは標準的な次世代電動ガンとなっています。

始めて電動ガンを、それも次世代でとなるとこのM4A1カービンが最適とは言わないまでも十分に楽しめます。何よりも同じM4の系統からするといろいろな装備がついていない分、簡素化されており、軽量であるとも言えますから、疲れにくいです。

次世代の特徴としてはやはり、射撃による的当てだけではなくリコイルのショックも楽しむことができます。当然ですが、実際にBB弾を発射する場合はゴーグルなどの安全面の配慮も必要ですね。

また、屋外に持ち出すのであれば、どのエアガンにも言えますが、ケースなどに入れて周りから認識できないようにしておくといった配慮も必要になります。

特集コンテンツ

  • サバゲー入門
    誰でも最初は初心者だ!そのために作成したのが、このサバイバルゲーム入門です。

  • 銃刀法による規制
    銃刀法による規制、青少年健全育成条例による規制、そして業界による自主規制。

  • 世界の特殊部隊
    世界のかっこいい特殊部隊を紹介します。特殊部隊の装備も必見。

私の大好きなミリタリー雑誌